製品情報>My Sony Club>知る・楽しむ>ライフ>スマートフォンで写真を上手に撮ろう

本文へ

知る・楽しむ

ライフ

スマートフォンで写真を上手に撮ろう

日常で、写真を撮る機会は多いもの。
最近では、Facebook®をはじめとしたソーシャルネットワーキングサービスに写真を載せるために、スマートフォンで撮影しているという方も多いのではないでしょうか?
せっかく撮るならよりキレイに撮りたいもの。
今回は、スマートフォンのカメラで上手に撮影できるテクニックをご紹介します。
さぁ、今日からスマートフォンのカメラ機能を使いこなしちゃいましょう!

みんなで共有
ツイートする
基本編:「撮影」と「スマートフォンのカメラ機能」の基本ポイントを押さえよう
「撮影」の基本ポイント
撮影時は光の位置に注意しよう
外が明るいとき、太陽の向きによっては逆光で被写体が暗く写ってしまうこともあります。 撮影時は被写体と光の位置を確認し、位置をずらしながら撮ってみましょう。
腕を固定させて、脇を締めてシャッターを押そう
カメラを持つ手が不安定だと手ブレの原因になったり、構図が定まらず思うような写真が撮れなかったりすることがあります。撮影する時は肘を付くなど、しっかりと腕を固定することを心掛けましょう。
ピンボケに注意しよう
せっかく撮影した写真がボケていてがっかり……なんてことはありませんか?考えられるのは、「手ブレ」か「ピンぼけ」。「手ブレ」とは撮影する瞬間にカメラが動き、写真全体がぶれてしまうこと。一方、「ピンぼけ」とはレンズのピントがずれてぼやけてしまうこと。被写体を決めたら手ブレに注意しながらも、レンズとの距離を調節し、ピントを合わせましょう。
光の位置に注意して撮影してみよう
光が真正面(逆光)になると被写体が暗く写ったり自然な色合いではなくなってしまいます。光が背になる場所に移動して撮影すると、自然な色合いで撮影できました。
スマートフォンのカメラ機能の基本ポイント
タップを活用して撮影テクニックのランクアップしよう
タップとは指でスマートフォンの画面を軽く叩いて操作すること。多くの機種では、画面にタッチし指を離した瞬間にシャッターが下りるので、タップすること=撮影、となります。タッチしたけれども撮影を取り止めたいときには、指をタッチした状態でそのまま画面の端までスライドして指を離せばOK。また、サイドのボタンで本物のカメラのようにシャッターを押すことが出来る機種もあるのでオススメです。
手ブレ補正をOFFにしておこう
多くの機種に搭載されている手ブレ補正機能は便利ですが、ONにしておくとブレないように機能が動作するために、撮影ボタンを押してから撮影するまで一瞬の「間」ができてしまいます。そこで「ここぞ!」という決定的瞬間がありそうな場合には、思い切って機能をOFFにし撮影タイミングを逃さないようにしましょう。
手ブレ補正なしでも上手に写真を撮るときには、基本ポイント「腕を固定させてカメラを固定させる」テクニックが必須!
スマートフォンをしっかり固定した状態でシャッターを押しましょう。

PAGE TOP
実践編1:お料理をおいしそうに撮ろう!
「“お料理フォト”撮影」の基本ポイント
大事な部分や特長的なものに寄って撮影しよう
料理の質感を表現するには、素材に寄って撮ることがポイント。特においしそうに見せたい部分にピントを合わせましょう。
俯瞰(ふかん)(全体的に真上から見る)で撮るのではなく、近づいて撮ることで、ボリューム感・質感をより一層表現することができます。
並べかたを工夫しよう
一番好きな色や見せたい食べものを手前にして撮影するのがおすすめです。立体感が出るように2つ以上の被写体が一直線にならないように、ずらして撮影するのが◎。
光を使っておいしそうに見せよう
光は上から当たっているとおいしそうに見えます。
光の位置を見ながら食べものをずらしながら、きれいにおいしそうに見える位置を探してみましょう。
大事な部分に寄って撮影してみよう
真上からのぞくように撮影すると、全体的にのっぺりとして見えるだけでなく自分の影で全体を暗くさせてしまいます。ななめ上から寄って撮ってみましょう。素材の魅力を引き立つだけでなく、自分の影が映り込みづらくなって光がしっかりと当たるのでおいしそうに撮影できています。
IKOMA'S LESSON:おいしそうに撮影したいときに役立つテクニックを、生駒先生に紹介いただきました!
シズル感のある1枚を目指そう
「シズル感」のある作品とは、食品に生き生きとした実感があり、それを見るとすぐにでも食べたり飲んだりしたい気持ちにさせる状態を表現しているもの。光が上から当たっている状態で、白い紙などを被写体の手前に置くと、光が反射してシズル感が出ます。
炭酸系は「注いですぐ」がシャッターチャンス
ビールやシャンパンなどの炭酸系は、注いですぐのタイミングで撮りましょう。
時間が経つと泡が消えてしまうので、注意しましょう。
思わず食べたくなる! 「箸あげ」にトライしよう
このひと手間で、思わず「おいしそう!」と言いたくなる写真が撮れるテクニックが「箸あげ」。
箸やフォークで食べものをすくいあげて、寄って撮りましょう。グルメ雑誌などでよく見かけるような写真に変身します♪
光の当てかたを調節するだけで食材がイキイキしてきます。見せたい具材を箸やフォークですくって寄って撮影してみましょう!
こんな料理の場合は、どう撮ったらイイ?
おまんじゅうなどの中身が見えない食べ物
おまんじゅうや肉まんなど中身がわからないものは、割って中身を見せるようにして撮りましょう。
料理は素材の切り口を見せると出来立て・新鮮な雰囲気になります。
お饅頭などの中身が見えない食べ物
ラーメン
ラーメンなら真上から撮るのもアリ!
具材を全部良く見せるために雑誌でよく使われる手法です。
グルメ雑誌風に見えるかも?
ボトル・瓶
お酒のボトルなどは、全体を捉えるより、ラベルにぐっと寄って強調しましょう。
Plus One Idea(プラスワンアイデア)
おいしそうに撮ることに特化したアプリを使ってみよう!

数多くの種類が配布されているカメラアプリ。中には「料理をおいしそうに撮影する」ことに特化した機能を搭載しているものもあるので、ぜひ活用してみよう!

めしカメラ

めしカメラ

ワンタッチでプロ並みの写真が撮れる!めしカメラは外食のごちそうや、腕によりをかけた料理を撮った瞬間に自動で「今すぐ食べたくなる写真」に変身させるアプリです。ワンタッチでプロ並みの写真が撮れる!

◆ 価格:115円(税込)
◆ 対応:Android™
◆ ©EXRANT Inc.

めしカメラ

PAGE TOP
実践編2:小物をおしゃれに撮ろう!
“小物フォト”撮影の基本ポイント
お気に入りのものは手前において寄って撮ろう
複数のものを撮るときは、メインのものを手前にして寄って撮りましょう。お気に入りのものやいちばん好きなものを手前にしてクローズアップ。
このように配置を変えるだけでもメリハリがつき、より撮影者の「好き」が伝わる写真になります。
背景とのコントラストを工夫しよう
被写体と背景とが区別できるように、小物の下に敷いておくものも工夫してみましょう。たとえば、撮影したい小物の色と反対の色を下に敷くと、小物の質感がはっきりします。
キラキラしたものを撮影ならば落ち着いた色のものを下に敷くと、過剰な光を抑えてくれます。紙よりもクロス(布)のほうがより光をおさえて、上品な輝きを演出してくれますね。
逆三角形(後ろに広がりをもたせる)に並べて、斜め上から撮影しよう
複数の小物を並べる時は、逆三角形になるように(手前が頂点、後が底辺になるように)後ろに広がりをもたせて配置しましょう。
そのななめ上から撮影すると奥行き感を演出することができます。
お気に入りのものを手前に置いて寄って撮ってみよう
横に並べると、どれを一番撮りたい・伝えたいのかがわかりにくくなってしまいます。自分の一番お気に入りのもの・一番見せたいものは手前にして撮影しましょう。白っぽいもの、細かい飾りがあるものを撮るときは背景を暗めにすると細部を目立たせることができます。撮影する時は頂点を手前に、斜め上から。立ち位置に注意して、奥行きが出るように撮影しましょう。
IKOMA'S LESSON:小物をもっとおしゃれに撮影したいときに役立つテクニックやコツを、生駒先生に紹介いただきました!
身近なものを使って立体感を出す
逆三角形での配置について上記で説明しましたが、さらにもうひと工夫!
被写体をただ机に置いただけだと動きが少なく素人っぽい写真になりがち。
そこで、小物の下にセロファンテープを丸めたものや消しゴムなどの身近にあるものをはさんで、高さを出してみましょう。そうすると立体感が生まれ、写真にも面白みが出てきます。
ガラス越しに撮るときは、ぴったりとレンズをガラス面にくっつけて撮影しよう
水槽やショーウィンドウなどガラス越しに撮影をするときは、レンズをガラス面にくっつける感じで撮影してみましょう。反射が防げて中のものをくっきり、きれいに撮影することができます。
指紋や汚れがつかないようにキレイにしておこう
写真が上手く撮れた……と思ったら指紋がついていた!なんてこといならないよう撮影前に小物はキレイに拭いておきましょう。
ただ並べて撮っただけではつまらない…。消しゴムを後ろに挟んで高さを出してみましょう。動きのある写真になりました!
こんな小物の場合は、どう撮ったらイイ?
ネックレス・ペンタント
真上から全体を撮るのではなく、ペンダントトップを手前に、奥行きが出るように撮りましょう。
質感や輝きがアップします。
ネイルアート
ネイルアート
ネイルアートは細かいアートがはっきり見えるように爪を手前にし、近くに寄って撮りましょう。キラキラ感や立体感、ツヤ感が伝わります。 ネイルアート
パンプス・サンダル
ヒールのあるものはヒールを強調するために少し下から撮影しましょう。
洋服
たたんだ状態ではなく、服を実際に着ているような形で撮るとおしゃれに見えます。
花
真横や斜めから光が当たる位置を探しましょう。陽射しの位置を撮影者である自分が動くことで変えるのがコツ。
Plus One Idea(プラスワンアイデア)
もっと美しく撮影したい人におすすめのスマートフォンといえばコレで決まり!

Xperia™ acro HDは充実のカメラ機能を搭載した、スマートフォンでの撮影をもっと楽しみたい人にぴったりな1台。室内などのうす暗い場所でも美しい静止画、動画をよりきめ細やかに撮影できるだけでなく、端末本体にあるシャッターボタンを長押しすれば撮りたいと思った瞬間すぐに撮影OK!端末の使いやすさもバツグンです。

SO-03D

◆docomo NEXT series Xperia™ acro HD SO-03D

▼詳しくはこちら

◆au スマートフォン Xperia™ acro HD IS12S

▼詳しくはこちら

※画像はSO-03Dとなります

おすすめポイント
Xperia™で撮影した写真や動画は、マイクロプラグ対応のHDMIケーブルでつなげるだけでテレビの大画面に映して楽しむことも。

■シャッターチャンスを逃さない スリープモードから端末側面についているカメラキーの長押しで、撮影完了まで約1.5秒の高速起動撮影が可能。決定的瞬間を逃しません。

■うす暗い場所でもノイズの少ない美しい写真が撮れる ソニー株式会社製裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」と明るいレンズ(F2.4)を搭載した約1210万画素オートフォーカスカメラにより、うす暗い場所でも高感度、低ノイズの美しい写真・動画の撮影が可能。

■フルハイビジョン動画撮影対応! 解像度1920×1080、フレームレート30fpsのフルハイビジョン動画撮影もラクラク。


 超高速通信“LTE”に対応! 新しいXperia™シリーズ 『Xperia™ GX』と『Xperia™ SX』登場!!

docomo NEXT series Xperia™ GX SO-04Ddocomo with series
Xperia™ SX SO-05D


IKOMA流★撮影マナー4カ条 1)お店の人に「撮影してもいいですか?」とひと声掛けてから撮影しましょう。
2)撮影禁止の場所ではないか、私有地ではないか…なども確認しましょう。
3)知り合いでない人の顔が写らないように配慮して撮影しましょう。
4)他人の顔が映った写真を許可なしにインターネット上にアップロードしないようにしましょう。 


写真撮影がもっと楽しくなる!おすすめアイテム
スマートフォンでの撮影をもっと楽しく、もっと便利にしてくれるお役立ちアイテムをご紹介♪

※ ポイントショッピング経由でのお買い物の際は、My Sony Clubサイトへのログインが必要です
※ 商品写真をクリックすると、ポイントショッピング経由で「楽天市場」のサイトが表示されます
楽天
スマートフォンでの写真に便利なクリップタイプの三脚
スマートフォン用三脚マウント「Clasp for smartphone」/SPECdirect
スマートフォン用三脚マウント「Clasp for smartphone」/SPECdirect

スマートフォンなどを三脚に取り付けるためのマウントアタッチメントです。大きなクリップとすべり止め用のラバー素材により、約8cmの厚さまでの様々な機器をしっかりと固定できます。クリップタイプなので、取り付け/取り外しも簡単です。三脚に固定して写真撮影時の手ぶれを防止できるほか、さらにセルフタイマー機能があるカメラアプリと組み合わせることで、集合写真などにも活用できます。(提供:スペックコンピュータ株式会社)

スマートフォンで撮った写真を簡単ダイレクトプリント
スマートフォンから簡単プリント APRi(アプリ)/ケータイドットコム
スマートフォンから簡単プリント APRi(アプリ)/ケータイドットコム

スマートフォンから簡単プリント♪パソコンなしでも使えるのでかなりお手軽です!場所を取らないコンパクトなサイズ、なにも難しい操作はいりません。AppStoreまたは、Google Play ストア(旧Android マーケット)から専用の無料アプリ「Bolle Photo」をダウンロードするだけ。それだけで家族との日常や記念日、楽しかった思い出や子供の成長などあなたのベストショットがカタチになります!しかも重さ1.4kgだから、持ち運んでその場で印刷なんていうのもできちゃいます!


PAGE TOP

インターネットショッピングでソニーポイントがもらえる!ポイントショッピングとは?

ポイントショッピング経由でお買い物をすると、ソニーポイントが貯まります。提携店舗サイトは160以上!
しかも、提携店舗サイトで展開しているポイントサービスも利用できるので、ダブルでポイントが貯まり、とてもおトクです。

貯まったソニーポイントは、ソニーストアでのお買い物はもちろん、
各種ギフトカードや商品との交換、社会貢献活動にご利用になれます。

もっと詳しく 知りたい!女子的インターネットショッピングのススメ