製品情報>My Sony Club>知る・楽しむ>フォト>My Sony Club 写真塾 ペット編>Vol.2 かわいい写真は寝顔が狙い目!

本文へ

My Sony Club 写真塾 ペット編|Vol.2 かわいい写真は寝顔が狙い目!|講師:八二 一 藤城 一朗|My Sony Club写真塾【ペット編】の、Vol.2のテーマは、「かわいい写真は寝顔が狙い目!」です。元気がよすぎる
ワンちゃん・ネコちゃんは、写真を撮るのも一苦労!今回は、八二 一(はに・はじめ)さんと藤城 一朗(ふじしろ・いちろう)さんに、そんなワンちゃん・ネコちゃんの寝顔を、よりかわいらしく撮るためのコツを伺いました。

コンパクトデジタルスチルカメラにおすすめの法則!

デジタル一眼カメラにおすすめの法則!

Q:動きがすばやくて、追いつけません!|チロちゃん(三毛ネコ・2歳メス)の飼い主さん|「今だ!」と思ってシャッターを切っても、次の瞬間にはポーズが変わってしまいます。落ち着いて撮影できないので、最近は写真を撮ることをあきらめてしまいました。

A.ゆっくり撮るなら寝顔がいちばん!|ネコちゃんが寝ている間は、落ちついて写真が撮れるチャンスです。ポーズや撮る方向、ピントを合わせる位置にも、じっくりこだわって撮ることができます。同じ寝姿でも、写真に変化が出るよう工夫してみましょう。

講師:八二 一

Lesson 1

撮れた!と思ったら失敗|撮影:チロちゃんの飼い主さん

チロちゃんの飼い主さんが撮影。もっとじっくり撮りたいのに、ネコちゃんの姿をとらえるだけで精いっぱいです。最近は追いかけることに疲れて、写真を撮るものあきらめ気味に・・・

寝顔ならゆっくり撮れます|撮影:八二 一さん

動き回るネコちゃんは、なかなか落ち着いて撮れないものです。そこで、まずは寝顔を狙ってみることにしましょう。撮る方向を変えたり、近づいたり引いたりして、ゆっくり撮ることができます。

Q:実際はもっとカワイイのに写真だと伝わりません!|タバサちゃん(キャバリア・1歳メス)の飼い主さん|カメラを向けて顔のアップを撮ろうとすると、遊んでくれるものと思って興奮し、コワい顔になってしまいます。ピントが合わなかったり、ブレたりすることも多く、本来のカワイさがなかなか撮れません。

A:スヤスヤ寝顔はかわいすぎる!|あっという間に成長してしまうワンちゃん。幼犬時代の愛くるしさは、ぜひとも写真に収めておきたいものです。でも幼犬ほど好奇心旺盛なために、落ち着いてカワイイ顔を撮るのは難しいですね。そこでおすすめなのは、やはり寝顔です。ピントはしっかり合うし、ブレの心配も最小限。何より、眠っているときの安心しきった顔つきはとてもかわいらしいです!

講師:藤城 一朗

Lesson 2

近づきすぎてピントが合わない!|撮影:タバサちゃんの飼い主さん

タバサちゃんの飼い主さんが撮影。好奇心旺盛なワンちゃんは、近づいたカメラに興味津々です。クンクンにおいをかいだり、レンズをペロリとなめたりして、シャッターを切るのも一苦労です。

寝顔ならクローズアップもラクラク|撮影:藤城 一朗さん

そっと近づいて、ワンちゃんの目の高さから、クローズアップで撮ってみましょう。寝ているワンちゃんは、驚かさないよう静かに撮るのが基本。撮っていると「うるさいなあ・・・」と、薄目をあけるかも知れませんが、それもまたシャッターチャンスです。

Lesson 3

寝姿をいろいろな角度から撮る|撮影:八二 一さん

ネコちゃんが眠っている間は、ピントや背景にもじっくりこだわることができます。同じ方向ばかりではなく、いろいろな角度から撮ってみましょう。

Lesson 4

寝相の悪いところも、カワイイ!|撮影:八二 一さん

ぐっすり眠っているようなら、しばらく観察してみましょう。寝返りしておもしろいポーズになることがあります。顔や全身ばかりではなく、肉球などのパーツを主役にしても、おもしろい写真になります。パーツをゆっくり撮影できるのも、熟睡中ならでは。

 “サイバーショット”の「おまかせオート撮影」機能もおすすめ!|目や肉球を画面いっぱいに撮影したいときは、デジタルスチルカメラ“サイバーショット”の「プレミアムおまかせオート」機能(※)がおすすめ!この機能は自動的にマクロモードを選択してくれるので、その都度設定を変える必要がありません。「撮りたい!」とひらめいた次の瞬間に、クローズアップができちゃいます。※ DSC-WX5/WX7/WX10/TX9/TX10/TX100V/HX7Vに搭載(2011年2月現在)|サイバーショットについてくわしくはこちら

Lesson 5

寝顔でもピントを合わせるのは「目」|撮影:藤城 一朗さん

ワンちゃんもネコちゃんも、ピントは「目」に合わせるのが基本です。これは、寝顔を撮影するときも同じ。ピントを合わせるときは「フォーカスロック」機能を使ってみましょう。「フォーカスロック」機能は、シャッターボタンを半押しして、ピント合わせを固定すること。目にピントを合わせ「フォーカスロック」を維持したままカメラを動かして、好みの構図で撮ります。これならワンちゃん、ネコちゃんの寝ぼけ顔も落ち着いて撮れますね。

フォーカスロック機能を使おう|デジタルスチルカメラ“サイバーショット”やデジタル一眼カメラ“α”で、まずシャッターボタンを半押し。ファインダーや液晶画面にグリーンの● が点灯したら、□の位置にピントが合っているということです。そのまま好みの構図になるようカメラの向きを変えて、シャッターボタンをグッと押し込んで撮影しましょう。フォーカスを「中央重点AF」や「スポットAF」に設定しておくと、より精密にピントが合わせられます。

Lesson 6

眠ってしまう瞬間を撮っちゃおう|撮影:藤城 一朗さん

遊び疲れたワンちゃんが、眠そうにウトウトしはじめたときもシャッターチャンスです。1枚だけではなく、連写機能などを使って何枚か続けて撮ってみましょう。ポーズはほとんど変わらなくても、表情がすこしずつ変化していくおもしろさがあります。

今回のまとめ|講師からのアドバイス ゆっくり撮るなら寝顔がいちばん!|Lesson 1 寝顔ならゆっくり撮れます|講師からのアドバイス スヤスヤ寝顔はかわいすぎる!|Lesson 2 寝顔ならクローズアップもラクラク|Lesson 3 寝姿をいろいろな角度から撮る|Lesson 4 寝相の悪いところも、カワイイ!|Lesson 5 寝顔でもピントを合わせるのは「目」|Lesson 6 眠ってしまう瞬間を撮っちゃおう

2011年2月下旬公開!|Vol.3 いっしょに遊びながら撮ろう! 講師:藤城 一朗 八二 一|ご期待ください! インデックスページへ

共有しよう twitter Facebook Hatena