本文へ

製品情報>My Sony Club>知る・楽しむ>テクノロジー&プロダクツ>異なる個性を持った2つのXperia™がもたらすエンターテインメント体験〜「Xperia™ NX」、「Xperia™ acro HD」〜

異なる個性を持った2つのXperia™がもたらすエンターテインメント体験〜「Xperia™ NX」、「Xperia™ acro HD」〜 ソニー・エリクソンはスマートフォン“Xperia™”の新モデル、「Xperia™ NX」と「Xperia™ acro HD」を開発しました。 2つのXperia™はどのような機能を備え、どんな楽しさや体験を提供するのでしょうか。 Xperia™ NX、Xperia™ acro HDがもたらすエンターテインメント体験、そしてその源である開発コンセプトをお伝えします。

最新のエンターテインメント体験を支えるXperia™ NXとXperia™ acro HDの多彩な機能

2012年春、ソニー・エリクソンのスマートフォンXperia™シリーズに「Xperia™ NX」、「Xperia™ acro HD」という2つのモデルが加わります。Xperia™ NXは、NTTドコモから「docomo NEXT series Xperia™ NX SO-02D」として発売中。Xperia™ acro HDは、NTTドコモからは「docomo with series Xperia™ acro HD SO-03D」、auからは「Xperia™ acro HD IS12S」として、それぞれ2012年3月に発売予定です。

ハイビジョン映像の普及やインターネットを使った写真や映像の共有など、エンターテインメントは日々進化し続けています。Xperia™ NXとXperia™ acro HDは、この進化に対応するため、先進的なハードウェアや機能を搭載。 Xperia™ NX、Xperia™ acro HDはともに1,280×720ピクセルの高解像度ディスプレイを備え、パソコン向けウェブサイト閲覧時も一度に多くの情報量を表示できます。思い出の写真や映像を記録するカメラのイメージセンサーには、有効約1,210万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を採用。少ない光も逃さずしっかりと捉えて、夕暮れどきや屋内といった暗いシーンも鮮明に写真やフルハイビジョン映像として残せます。スマートフォンの頭脳とも言えるCPUには1.5GHz駆動の高性能デュアルコアCPUを用いることで、複数のアプリを次々に切り換えての作業時や画像編集のアプリ使用時も快適に動作します。

また、Xperia™ NX、Xperia™ acro HDともにソニー・コンピュータエンタテインメントが展開しているライセンスプログラム、 PlayStation™Certifiedを取得しており、PlayStation®Storeから初代プレイステーション®のゲームなどをダウンロードして楽しむことができます。

※ 「SO-02D」、「SO-03D」でPlayStation®Storeを利用する場合はPlayStation®Storeアプリを別途ダウンロードする必要があります

PlayStation®Suite(プレイステーション スイート)が作り出す日常の中のエンターテインメント体験

docomo NEXT series Xperia™ NX SO-02D 発売中

詳しくはこちら

磨き抜かれたHD高精細ディスプレイ。シンプルをつきつめた先進のデザイン。画質とフォルムに、極限の美しさを手に入れたXperia™。高性能1.5GHzデュアルコアCPUが実現するより軽快な操作性で、進化を究めたエンターテインメント体験を。

docomo with series Xperia™ acro HD SO-03D 3月発売予定

詳しくはこちら

HD高精細ディスプレイ。Xperia™初の防水機能、さらに、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信も。シーンを選ばない、だれもが思いのままに使えるフルスペック。自由に楽しめる毎日が、このXperia™からはじまります。

au スマートフォン Xperia™ acro HD IS12S 3月発売予定

詳しくはこちら

いま、鮮やかな進化を、Xperia™から。4.3インチ大画面 HD高精細ディスプレイ。そして、1210万画素の超高感度カメラ。ムービーも、フォトも、より美しく、よりクリアに。ビジュアル・エンターテインメントを、だれよりもキレイに、だれよりも快適に楽しもう。

XPERIA™ NX XPERIA™ acro HD 写真や映像をきめ細かく映し出す4.3インチHDディスプレイ

1,280×720ピクセルの情報量を一度に表示できる“HD Reality Display”を採用。画素密度は画面1インチあたり342ピクセルと、昨年発売されたXperia™ arcと比較して1.5倍以上も高密度化。画素の一つひとつが肉眼では判別できないほど小さくなったことで、画面に表示できる情報量が増えたため、映像や写真を今まで以上になめらかに映し出せるようになりました。また、コントラスト向上技術と輪郭強調技術を組み合わせた「モバイルブラビアエンジン」により、動画コンテンツやXperia™ NX/Xperia™ acro HDで撮影した映像をくっきり、鮮やかに表現します。

Xperia™arc Xperia™ NX

XPERIA™ NX XPERIA™ acro HD 突然のシャッターチャンスも逃さない!スリープモードでもカメラを起動

スリープモード時でも、カメラキーを長押しすることでカメラが起動。撮影完了まで約1.5秒の高速起動撮影が可能です。ロック解除の操作をしなくてもすぐに撮影できるので、突然のシャッターチャンスも逃しません。また、背面のメインカメラには、わずかな光も逃さずキャッチする有効約1,210万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサー “Exmor R for mobile”と、F2.4の明るいレンズを採用。夜景や室内などの暗いシーンでも、ノイズの少ないなめらかな写真と動画を撮影できます。

長押しでカメラ起動 起動から撮影完了まで約1.5秒 EXMOR R for mobile

XPERIA™ NX XPERIA™ acro HD お気に入りの音楽を臨場感たっぷりに再生

ソニーの最新のテクノロジーであるxLOUD (*1) 、クリアベース(*2)、クリアステレオ(*2)を搭載し、迫力あふれるサウンドを実現。また、ソニーのバーチャルサラウンド技術(VPT:Virtualphones Technology)を用いた“サラウンドオーディオ”(*2)は、楽曲再生中にコンサートホールやクラブのサラウンド効果を再現。臨場感あふれるサウンドで、お気に入りの音楽を楽しむことができます。

*1 スピーカー使用時のみ対応
*2 イヤホン接続時のみ対応

ソニー独自のサラウンドオーディオ技術を採用 スタジオ クラブ コンサートホール

美しさと快適な操作を両立させたXperia™ の新フォルム

XPERIA™ NX

常に持ち歩き、操作時は手のひらに収めるスマートフォンにとって、デザインや形状は重要な要素です。Xperia™ NXは画面下部に透明な帯状の素材、“Floating Prism”(フローティングプリズム)をアクセントとして配置しています。“フローティングプリズム”を通してボディの向こう側が見えるユニークなデザインにより、離れた位置からでもXperia™ NXであることがすぐにわかる、独特な存在感を放っています。さらに電話、メールの着信時やボタン操作時には“フローティングプリズム”が光の帯となってXperia™ NXを囲むように光り、通知や操作の実行を使用者に伝える役目も果たします。背面はしっとりとしたマットな質感で、ゆるやかなカーブとあわせてデザイン性と機能性を両立しています。

Xperia™ acro HDは、手のひらが触れる背面部分に丸みをもたせたラウンドフォルムを採用。“フィーチャーフォン”と呼ばれる二つ折りやスライド式ボディを採用した従来の携帯電話でおなじみのワンセグ機能やおサイフケータイ®、赤外線通信機能を搭載しました。また、国内のXperia™シリーズでは初となる水の吹きつけや水没に耐えるIPX5、IPX7等級の防水性能(*)に対応。雨天の屋外やキッチンなどの水回りでも、水を気にすることなく操作できます。

* IPX5等級は噴流に対する保護等級で、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルの噴流水によっても電話機としての機能を保持する防水性能です。IPX7等級は浸水に対する保護等級で、常温の水をためた水深1mの水槽に約30分放置しても、電話機としての機能を保持する防水性能です

XPERIA™ acro HD

INTERVIEW デザインを一新したXperia™、そこに秘められたテクノロジーとは

ひと目でXperia™とわかるユニークなデザイン“フローティングプリズム”を採用したXperia™ NX。そして、ワンセグやおサイフケータイ® 、防水機能などを備えたXperia™ acro HD。それぞれ異なる個性を持った2つのスマートフォンは、どのようないきさつで誕生したのでしょうか。Xperia™ NX/Xperia™ acro HDの開発に携わった三人のキーパーソンに話を聞きました。

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのプロダクトデザイナー、日比(写真左)と、商品企画を担当した内田(写真中央)、板倉(写真右)。

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズのプロダクトデザイナー、日比(写真左)と、商品企画を担当した内田(写真中央)、板倉(写真右)。

先端のアンテナ技術がもたらした新しいデザインの誕生 〜Xperia™ NX〜

XPERIA™ NX

“フローティングプリズム”を通して向こう側が見える。透明に見える“フローティングプリズム”の内部には、微細加工されたアンテナの一部と内部配線が収められている。

XPERIA™ NX

マットフィニッシュ(つや消し加工)で落ち着いた雰囲気のXperia™ NX(写真右、左はXperia™ arc)。カメラのレンズ、カメラフラッシュの発光部、スピーカーを一直線に配置した背面は、中央がわずかにふくらんだ柔らかみのある形状で手のひらにフィットする。

マット仕上げのボディに、透明なブロックを通して向こう側が透けて見える“フローティングプリズム”を備えたXperia™ NX。落ち着いた印象と華やかさをあわせもつXperia™ NXのデザインは、どのようにして誕生したのでしょう。

日比:新たなグローバルフラッグシップとなるXperia™ NXのデザインには、“Xperia™らしさ”を備えつつも今までのXperia™のイメージにとらわれることのない、新たな発想が求められました。スマートフォンの板状のフォルムはシンプルながらも機能的です。そこには使いやすさであったり、ワクワクするような感情であったり、スマートフォンで得られるエンターテインメント体験をデザインで表したい、というのがまずありました。機器としてのデザイン的な個性を追求する、という考えかたもありますが、それだけではXperia™らしさを生み出すことは難しい。

デザインだけではなく、技術も含めた新しいアプローチがないだろうかと考えていたとき、とあるきっかけで通信用アンテナの一部を透明なパーツに置き換える新技術を知ったんです。その技術を応用すれば、ボディの一部を透明化したデザインを実現できる。そこから“フローティングプリズム”の原型となるアイデアが生まれました。

テクノロジーが実現したデザインでもあるんですね。“フローティングプリズム”はどのような機能をもっているのでしょうか。

日比:“フローティングプリズム”は、Xperia™ NXのメインアンテナとしての役割を果たしています。ルーペを使ったり目をこらしたりして“フローティングプリズム”を見てみると、透明のブロックの内部に細かい網目模様が見えます。この網目模様が、Xperia™ NXの内部配線とアンテナの一部です。 “フローティングプリズム”は、デザイン的な意匠のためだけに採用したわけではありません。十分なアンテナ領域を確保しつつ、ほかのデバイスとの干渉が少ない構造のため、アンテナの性能自体も良くなるというメリットもあります。

Xperia™ NXは昨年発売されたXperia™ arc/acroと比べて、より直線的なフォルムになっています。

日比:“フローティングプリズム”でスクエアなフォルムを上下に分割し、コンテンツが浮遊しているように見えること。これがXperia™ NXのデザインのベースになっています。液晶ディスプレイ消灯時には画面とボディが1枚の板のように見え、液晶ディスプレイ点灯時には画面が浮かび上がっているように見えます。

液晶ディスプレイを消しているときは本体前面が漆黒の板のように見える、というのは液晶テレビ〈ブラビア〉にも採用されている「クリアブラックパネル」によるところが大きいですね。光の乱反射と拡散を低減し、外光下でも見やすい「クリアブラックパネル」は、Xperia™ arcから採用していますが、遠くから見ても液晶ディスプレイを見ただけでXperia™であることがわかる、という声を耳にします。 Xperia™ NXでは、この特長的な部分をさらに突き詰め、透明なブロックを象徴的にあしらうことで、前面、背面を問わず360度いろんな角度から見てもXperia™ NXであることがわかるフォルムを実現しました。Xperia™らしさが伝わるデザインになっているのではないかと思います。

Xperia™ NXとXperia™ acro HD 従来の液晶パネル 空気層あり Clear Black Panel 空気層なし

Xperia™ NXとXperia™ acro HDの「クリアブラックパネル」は、空気層をなくすことで光の乱反射と拡散が低減。屋外の強い光の下でも見やすく、色彩を鮮やかに表現する。

世界で求められる性能を追求したフラッグシップモデルXperia™ NXと日本向けの機能を盛り込んだXperia™ acro HD

Xperia™ NXとXperia™ acro HDは、デュアルコアCPU、4.3インチHDディスプレイ、有効約1,210万画素カメラなど、基本性能は同一ですが、機能やデザインにはいろいろな違いがあります。2種類のXperia™はどのような経緯で誕生したのでしょう。

内田:Xperia™シリーズは世界のさまざまな国や地域に展開しています。世界市場ではXperia™のラインアップは大きく分けて、世界標準と位置づけているグローバルモデルと、それぞれの国や地域のニーズに合わせたモデルがあります。今回登場するXperia™ NXはグローバルモデルの最上位機種です。日本では、お客さまが早くから高性能、高機能なフィーチャーフォンに親しんでいたからでしょうか、スマートフォンに求められる機能や性能が他の国や地域に比べて高いため、もっとも高性能なモデルを日本市場に投入することになりました。

板倉:Xperia™ acro HDはXperia™ NXの基本性能をベースにしつつ、“3種の神器”と呼ばれるほど日本国内でニーズの高いワンセグ、おサイフケータイ®、赤外線通信機能を搭載し、さらにIPX5/IPX7準拠の防水性能(*1)を備えた製品です。Xperia™ NXとは異なり、Xperia™ acro HDは日本仕様のモデルです。ワンセグやおサイフケータイ®などは長く親しまれ、“おなじみ”とも言えるサービスですし、携帯電話からスマートフォンになった今でもそれは変わりません。また、防水機能は「水気の多いところで使用できる」という点もさることながら、製品を長く大切に使うために安心感が得られるとして求められるお客さまが多いそうです。

内田:Xperia™ NXは世界的に求められている最上級のエンターテインメント体験を実現するため。そしてXperia™ acro HDはそれに加えてワンセグや防水機能など、日本で特に求められているエンターテインメント体験を実現するためのモデルなんです。

Xperia™ acro HD

IPX5/IPX7等級の防水性能(*1)を実現。お風呂場やキッチンのそばでも水を気にせずに使えるXperia™ acro HD。本体背面のメインカメラとフラッシュ発光部の間におサイフケータイ®などで使うFeliCaポートがある。

Xperia™ NX Xperia™ acro HD

Xperia™ NX/acro HDは、ともにソニー・エリクソン独自の文字入力アシスト機能「POBox Touch 5.0」を搭載。よく使用するキーをキーボードに追加できる「キーボードカスタマイズ」や、タッチパネルに直接文字を書く「手書きかな入力」(*2)、辞書機能の強化など、使いやすさに磨きがかかっている。

*1 防水性能IPX5/IPX7に対応。ご使用の際はキャップ(外部接続端子カバー)が確実に閉じているかご確認ください。防水性能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換が必要となります(有料)。IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、電話機としての機能を有することを意味します。IPX7とは、常温で水道水、かつ静水の水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに電話機としての機能を有することを意味します

*2 ひらがな、英数のみ対応

ほかの機器と組み合わせることで生み出されるXperia™の新しい楽しさ

XPERIA™ NX XPERIA™ acro HD

HDMIケーブルでテレビと接続した際に表示される、専用のユーザーインターフェース「TV launcher」。〈ブラビア〉のリモコンで操作できるため、Xperia™ NX/Xperia™ acro HDをテレビの脇に置いて、離れた場所から写真や動画を閲覧できる。ブラウザやメールなどをテレビに映し出すことも可能。

※ 機器によっては接続できない場合があります

日本全国ほぼどこでもインターネットに接続できるXperia™ NXとXperia™ acro HD。接続できるのはインターネットだけではありません。無線LANやHDMIケーブル(別売)を使って、いろいろな機器と接続・連携することもできます。

板倉:Xperia™ NXとXperia™ acro HDは無線LANやHDMIケーブルを使うことで、テレビの大画面で写真や映像を再生できるようになります。特におすすめしたいのが、HDMIケーブルで大画面テレビに接続する楽しみかたです。Xperia™ NX/Xperia™ acro HDをHDMIケーブルでソニーの液晶テレビ〈ブラビア〉と接続したときに、〈ブラビア〉のリモコンでより快適に操作できる「TV launcher」という操作画面を新たに用意しました。

「TV launcher」は、〈ブラビア〉とXperia™ NX/Xperia™ acro HDをHDMIで接続するだけで自動的に表示されます。写真や映像、楽曲の再生のほか、ウェブサイトやメール、さらにはTwitter™やFacebookといったソーシャルネットワークサービスのチェックも〈ブラビア〉のリモコンを使ってテレビのチャンネルを変える感覚で操作できるようになります。

内田:Xperia™で撮影した写真をインターネットにアップロードして世界中の人と共有したり、ソニーのプレミアム映像配信サービス“Video Unlimited”からダウンロードした動画を〈ブラビア〉に映し出してリビングで見たりと、Xperia™は“つながる”ことでたくさんの楽しさが生まれます。Androidマーケット™やソニー・エリクソン公式のアプリ紹介サイト“APP NAVI®”からアプリをダウンロードすれば、さらに新しい使いかたやおもしろさを追加していくこともできます。単に撮る、見る、聴くだけでは終わらない、“つながる”ことで広がる楽しさがXperia™の魅力だと思います。

※ 「SO-02D」、「SO-03D」で“Video Unlimited”を利用する場合は、別途アプリをダウンロードする必要があります

APP NAVI®について詳しくはこちら

ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズの内田、日比、板倉。

根底にあるのはエンターテインメントの追求 日常生活に楽しさがあふれ出すXperia™ NX/Xperia™ acro HD

Xperia™ NXとXperia™ acro HDは最上級のエンターテインメント体験を実現するため、キビキビした動作を可能にするデュアルコアCPUや、きめこまやかに表示する高精細液晶ディスプレイ、さらにはワンセグ、防水機能などさまざまな先進的なハードウェアと機能を搭載しました。“フローティングプリズム”に代表される美しさと機能性が同居したデザインは、Xperia™をポケットやバッグから取り出すたびに楽しさとワクワク感をもたらしてくれます。スマートフォンは、今やコミュニケーションとエンターテインメントの中心になりつつあります。ネットワークの高度化により、映画や音楽といったエンターテインメントは、場所や時間を問わず手元で受け取り、楽しむことができるようになりました。そして、道ばたに咲いた美しい花や夕焼けなど見慣れた日常を切り取り、大切な人と共有して楽しむ。それも新しいエンターテインメントのひとつと言えるでしょう。Xperia™ NXとXperia™ acro HDは、魅力あふれるさまざまなエンターテインメントを日常にもたらします。

ソニーショールーム/ソニーストアで Xperia™ NXの展示を実施 「docomo NEXT series Xperia™ NX SO-02D」を、東京・銀座 ソニーショールーム、ソニーの直営店「ソニーストア 名古屋/大阪」にて体感いただけます。 詳しくはこちら

※ “SONY”、“make.believe”、“BRAVIA”、VPT、Virtualphones Technologyはソニー株式会社の商標です
※ 「Xperia」はSony Ericsson Mobile Communications AB の商標または登録商標です
※ “PlayStation”および“プレイステーション”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です
※ “ウォークマン”、〈ブラビア〉、「FeliCa」はソニー株式会社の登録商標です
※ Android、Androidマーケットは、Google Inc. の商標また登録商標です
※ 「フローティングプリズム」および「APP NAVI」はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社 の商標または登録商標です
※ 「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です
※ 「Twitter」は、Twitter,Inc.の商標または登録商標です
※ 「Facebook」は、Facebook,Inc.の商標または登録商標です
※ 「HDMI」はHDMI Licensing LCCの商標または登録商標です
※ 本ページに掲載している情報は2012年2月29日現在の情報であり、予告なく変更される場合がございます