本文へ

製品情報>My Sony Club>知る・楽しむ>テクノロジー&プロダクツ>デジタル一眼カメラ上級者向け特別講座 連載 第1回

デジタル一眼カメラ上級者向け特別講座 連載 第1回「RAW現像」で写真をより印象深い「作品」に仕上げてみませんか?
デジタル一眼カメラで撮影した写真は、一般的なJPEG形式でも作品に仕上げることができますが、RAW現像を活用すると、より印象深い自分オリジナルの作品を追求できます。
RAW現像で広がる写真の楽しさと現像の方法、そして現像時に役立つテクニックをご紹介します。

デジタル時代の暗室作業、それが「RAW現像」です

デジタル一眼カメラは、JPEG形式とは別に「RAWデータ」を記録・保存することができます。RAWデータのRAW(ロウ)とは“生”や“未加工”を意味する言葉です。デジタルカメラはイメージセンサーが受け止めた光をデジタルデータへと変換し、カメラ内で画像処理をおこなうことで1枚の写真を作り出しています。たとえばJPEG形式の画像を撮影した場合、カメラの内部で画像処理エンジンがホワイトバランスやコントラストの調整、ノイズ除去などの処理をおこなってからJPEG形式に変換し、記録メディアに保存します。この画像処理をする前の“未加工”のデジタルデータ、つまりシャッターを切った直後にイメージセンサーが捉えた光景を“生”の状態で記録したものがRAWデータなのです。

このRAWデータから写真を出力するRAW現像では、ホワイトバランスや明るさといったカメラ本体でおこなう撮影設定を、帰宅後にパソコンでじっくりと時間をかけて試すことができます。銀塩写真にたとえると、RAWデータは「ネガフィルム」、RAWデータ現像ソフトは「暗室」に置き換えることができます。このため、RAWデータからパソコンを使って画像を出力する作業は“RAW現像”と呼ばれています。

自分がイメージした色や明るさを納得いくまで試すことができるRAWデータとRAW現像は、自分の「作品」づくりを追求できる、写真の楽しみかたのひとつなのです。

RAWデータの現像で写真を自分のイメージに近づける

JPEGはファイルを圧縮する形式のため、非圧縮形式のRAWデータに比べて小さなファイルサイズで写真を記録できます。そしてJPEG形式の画像は撮影時のカメラ設定で記録され、完成した写真として出力されます。そのため、JPEG画像を出力する際に不必要になった情報はJPEGファイル内には残りません。たとえばJPEG画像では、写真内の明暗差が大きい場合、ほとんど黒に近いシャドー部分が単色になることがあります。一枚の写真として見た場合に違和感を感じることはありませんが、写真の表現を変えたくなって明るさ補正をおこなっても、シャドー部分の微妙な明るさの違いがファイル内に情報として残っていないため、多少不自然な仕上がりになります。

非圧縮形式のRAWデータはイメージセンサーが出力したデータをそのまま保持しているため、画像ファイルのサイズは大きくなりますが、JPEG形式で撮影・記録した写真にはないさまざまな情報を持っています。ホワイトバランスや明るさ、コントラストの変更などをおこなう際も、豊富なRAWデータの情報が利用可能なRAW現像時の調整で、撮影時に自分が描いていた理想の写真に近づけることができます。また、RAW現像で大幅な画質調整をおこなったときも、RAWデータは破壊や改変されることなく、常に“オリジナルの写真”として保存しておくことができます。たとえば、ひとつのRAWデータからカラーやモノクロ、セピア調とさまざまな表現のJPEG写真を生み出すことが可能です。

RAWデータの撮影から現像までの流れ

お持ちの“α”でもRAWデータ撮影を始めることができます

“α”は、カメラの設定を変更することでRAWデータでの撮影が可能になります。たとえば「NEX-5」ではメニュー画面から“画像サイズ”項目にある“画質”で、「α55」ではメニュー画面内の項目1、“静止画:画質”で“RAW”を選ぶとRAWデータで撮影できるようになります。

「α55」や「α33」などの“α”[Aマウント]のカメラはもちろん、“α” [Eマウント]のカメラもRAWデータでの撮影に対応している。

カメラの撮影設定で、RAWデータでの撮影や、RAW+JPEGの同時記録を選択できる。※ 上は「NEX-5」の画像サイズ設定画面

“α”に付属するRAWデータの閲覧/現像ソフトを使えばRAW現像が可能です

画像処理前のデータであるRAWデータは、JPEGなどの一般的な画像ファイルと異なり、パソコンで閲覧する際には専用のアプリケーションソフトが必要です。また、RAWデータを編集する際も専用のRAWデータ現像ソフトを使用します。“α”で撮影したRAWデータは、製品に付属するRAWデータ現像ソフト「Image Data Converter SR」で現像や調整が、写真ファイリング・セレクト閲覧ソフト「Image Data Lightbox SR」で閲覧が可能になります。

「Image Data Converter SR」は、“α”で撮影したRAWデータをJPEG、またはTIFF形式画像へと出力できます。画質は、露出補正(明るさの調整)やホワイトバランス設定、Dレンジオプティマイザーの適用など、10項目の調整が可能です。また、現像設定はRAWデータごとに10パターンを記録でき、「Image Data Lightbox SR」で仕上がり予想を並べて違いを見比べられます。

「Image Data Lightbox SR」は、その写真を撮影した時の設定でRAWデータを表示します。グループ分けができるカラーラベルやお気に入りの画像につける星の数、使用した“α”とαレンズの組み合わせによって効率良く画像を絞り込むことが可能です。絞り込んだRAWデータは、「Image Data Converter SR」を使って現像、調整することができます。

RAWデータ現像ソフト 「Image Data Converter SR」 露出補正やホワイトバランス変更のほか、“α”で好評のクリエイティブスタイルなどを使っての画質補正が可能。画質調整の内容は操作と同時にプレビューへと反映され、調整の効果や仕上がりをすばやく判断できる。

詳しくはこちら

写真ファイリング・セレクト閲覧ソフト 「Image Data Lightbox SR」 写真やRAWデータは最大4枚を同時に大判表示できる。露出設定を変えて撮影した写真のチェックのほか、ひとつのRAWデータを複数の現像設定でプレビューすることもでき、作品の仕上がり確認にも便利。

詳しくはこちら

そのほかのRAWデータ対応ソフト

そのほか、カレンダー形式で写真や動画を管理・閲覧できる「Picture Motion Browser(PMB)」でも、“α”で撮影したRAWデータを閲覧できます。「PMB」では、RAWデータのままでも人物写真を顔検出技術で自動選別する“顔検索”などが利用できるので、旅行などで撮影したたくさんのRAWデータの効率的な管理が可能です。また、「Image Data Converter SR」や「Image Data Lightbox SR」と連携しており、「PMB」で選んだ画像をすぐに「Image Data Converter SR」で調整する、といったことも簡単におこなえます。また、パーソナルコンピューター“VAIO”の一部製品にプリインストールされている「Adobe Photoshop Elements」や「Adobe Photoshop Lightroom」でもRAWデータの現像ができます。

「Picture Motion Browser(PMB)」について詳しくはこちら

VAIOで使えるソフトウェアについて詳しくはこちら

撮影後もいろいろな設定を試せるRAWデータでの撮影と現像は、今まで考えつかなかったようなユニークな表現を試すこともできるようになります。“α”は付属ソフトと記録モードの変更を組み合わせることで、カメラの奥深い世界を体感できます。次回は“α”で撮影したRAWデータを、RAWデータ現像ソフト「Image Data Converter SR」を使って現像します。現像時の設定によって写真の表情が大きく変わる、画質調整の種類と効果についてご紹介します。

※ “SONY”はソニー株式会社の商標です
※ “α”はソニー株式会社の商標です
※ Adobe、Adobe Photoshop Elements、Photoshop、Lightroomは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における登録商標または商標です
※ 本ページに掲載している情報は2011年2月3日の情報であり、予告なく変更される場合がございます
※ 本文中でご紹介している付属ソフトウェアは、2011年2月3日の情報です
    付属ソフトウェアの最新情報は、「ソニー製カメラ ソフトウェア サポート・お問い合わせ」でご確認ください